2019年12月03日

中2息子のこれからの勉強方法について。

6A64F542-7459-4126-9743-1AB3E22D13F2.jpeg
2学期、期末試験も終わりました。3年生に向けて、サッカーにも力を入れるために勉強をどうするのかも
前回の生活基盤を整えることについて、話をするときに、息子と話し合いました。

学校の勉強も前倒して塾でやり始めている。
家でも前倒して塾でやっていない科目もやりだしているけど、社会がわからん。と言っていた。
タイムオーバのため、話し合いは中断。

夜再び話をするチャンスが来たときに、じゃあ、そのわからないところ、夜食を食べながらひとまずスタディサプリで見てみたら?と提案。

地理の科目、スタディサプリでわからないところの講座があったので再生スタート。

1.25倍で再生しても聞き取れるので、早回しで聞き始める。
「この先生頭がいいね」とポツリ。

早回しということもあって、テンポよく聞き取れるし、授業でやっていないところってやっぱり
教科書を読むだけではなく、それがどう関連するかの解説があるとわかりやすい。

ネットで授業を公開するということは、その講座が商品であるだけあって、話も面白い。
聞いてしまえば、なんだ、そういうことかとわかる内容になっているので、聞き終わったあとも「なんだ」と呟いていた。

中3英語も 基礎、応用でも48講座。
1日1講座やっても2ヶ月もかからない。
英語、数学、理科の中3が早く終われば後はどんどん問題をこなす方向にシストチェンジすることができる。

有名な中高一貫校では、大学受験のために1学年分早く終わらすことはテレビなどでも紹介されている。
高校3年生は、通常の授業というよりも受験対策に力を入れている。

だったらそれを自分でやってしまえばいいこと。

大手の授業形式の塾ではなく、個別塾に行っているので、またここの塾長が面白い先生で、
一応カリキュラムとしてのテキストはあるけれど、どんどん問題をコピーしてやらせてくれるし、子供のリクエストにも親のリクエストにも応えてくれる。
素晴らしい先生なんです。

だから、自分が前倒して勉強したところでも、ここの問題が欲しいと言えば出してくれるだろう。力になってくれるだろうと思っています。

夏休み後の面談で、読書感想文の話になったときも、書けないという生徒は、自分で先生教えてと持ってきていたよ。
できないなら声掛ければ力になるとおっしゃってくださったので、これは利用させていただかない手はないですよね。

とくことで、そのことは子供もわかっているので前倒して勉強してしまえ計画は納得。
さぁ、それを実行に移していくのは根気と体力と気持ちが折れないこと。
大変だけど、サッカーのために頑張ってもらいたい。





posted by 小学生のママ at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: